検索

ちょっとしたきっかけから趣味の一歩手前にするプロセス(きっかけ編)

趣味をつくりたいという人がいる。 オリンピックが延期された2020年に、趣味になりつつあるプロセスを体感した記事。 大人になった僕たちは「習い事」の時と何がちがうのか 幼い小学生のうちに新しい習い事をすることがあっただろう。 水泳、ピアノ、英会話などなど。...

100万円と100日何に使うよ?というサイドプロジェクト例題

100万円と100日が支給された。パスポートも支給された。 学生は、ちょっと長い夏休みと考える。 社会人は、ちょうど昨日会社を退職して、100日後に違う会社で働き始めることが決まっている。 この100日をどう使うのか。 箇条書きで思いつくままに、書いてみよう

山を走る。走りながら考えられるか。

山を走るTrailRun(トレイルラン)とは Trail Run というスポーツがある。 Trail(トレイル)とは森林や原野、里山などにある「歩くための道」 それをRun(ラン)する。 山道を走るスポーツである。 今年、トレイルラン、通称トレランデビューしたのでここに記載...

良い質問と良い質問になるヒント+@オンラインのコツ

「それは、良い質問ですね。」 セミナーなどで質問をしたあとに、スピーカーがたまに言うコメントである。 良い質問とはなんだろうか。 これに追加して、オンラインでの質問のちょっとしたコツも考えてみる。 良い質問とは いきなり結論になりますが、良い質問とは...

マスク着用でフルマラソンを走りながらyoutubeLIVEしてラジオ的なことをやったら。。。(CoroRun)

フルマラソン+youtubeLIVE配信+ラジオ的なイベントを実施しました。 結果としてはとても良かったと感じています。 今回はその結果報告をお伝えいたします。 CoroRun結果報告 当初は6時間以内で完走かなと、思っていたんですが、全然及びませんでした。。。。...

コロナ中のサイドプロジェクト(CoroRun)開始まで感じ、試したことbyスタートアップ流

今のところ東京の4月19日の天気はハレ。 (そして、記事を書ききらなかったので、当日の朝も書いている。。。晴れてます。) 今回のブログでいうと、マラソン大会中止になった、市民ランナーがちょっと変わった人たち(社会不適合者達)とCoroRunを開催するまでの記録になります。...

2020年4月4日.25km走った墨田区と江東区の様子

自分が住んでいるエリアでは、防災無線で「不要不急の外出は控えるとのアナウンス」もありました。 とはいえ、ずっと家にいるだけだと身体的にあまりよろしくない。 そこで、ジョギングをしたい。 調べてみると ロンドンではリスクとルールを考えて走ってよさそう。...

ZoomZoom飲み会

さて、コロナ、そして引きこもりですね。 国単位でイタリア、スペインを始めロックダウン(封鎖措置)が広まっている昨今。 今回のブログは3/27に初めて参加したZoom飲み会についてです。 Zoomご存知出ない方もいらっしゃると思いますので、一応ご紹介しておくと...

たばこの吸殻のリサイクルをしていたときの話(テラサイクル在籍中)

タバコの吸い殻、歯ブラシ、洗剤の詰め替えパック。これらのリサイクルをしているスタートアップ企業がある。 「捨てるという概念を捨てよう」というミッションのもと、廃棄物問題に革新的な解決策を生み出す環境ソーシャルベンチャー。 詳細はコチラの記事へ...

米国のスタートアップ企業テラサイクルに誘われたときの話

タバコの吸い殻、歯ブラシ、洗剤の詰め替えパック。これらのリサイクルをしているスタートアップ企業がある。 「捨てるという概念を捨てよう」というミッションのもと、廃棄物問題に革新的な解決策を生み出す環境ソーシャルベンチャー。...

東京都主催のスタートアップコンテスト(TSG2016)の司会に選ばれた話

2014年から開始し、2019年時点でも開催されている東京都主催のビジネスコンテストがある。 TOKYO STARTUP GATEWAY(TSG)は、テクノロジーから、モノづくり、ソーシャルイノベーション、リアルビジネス、グローバルを見据えた起業など、分野を越えて、「東京」...

ベンチャー企業の種類(個人企業、中小企業、スタートアップ)

会社の紹介をするときに、「うちの会社はベンチャーなんです」という会話を聞くこともある。 自分もよくピッチや展示会、商談のときにはベンチャー企業ということを伝えることが多い。 ただし、ベンチャー企業には種類がある。 現時点で自分が働いているのはベンチャー企業のうち、スタートア...

とある日本のスタートアップのメンバーだったときの話

IoTのCOOになる前は、とあるスタートアップのメンバーでした。とあるスタートアップ(コンシューマー向けサービス)も現在急成長中です。 参加した当時は、CEOとCTOと3人目の自分。そしてそこからインターンの学生さんに参加してもらうという規模。...

コワーキングのスタッフがIoTスタートアップのCOOになった話

石川幸佑(コースケ)はこの2年くらいは何をやっているのかのご報告のストーリーです。 ブログは継続的に書いていきます。 目的とすると、これから一緒に仕事をする方、これまで仕事をした方に対して石川幸佑がどんなヤツなのかを知っていただくためです。...

IoTスタートアップのCEOがCOOを口説く話

スタートアップはどのようにして同じ船にのるチームメンバーを増やしていくのか。今回のネタは自分がどのようにCEOから口説かれて、チームメンバーの一員になるかまでを事実ベースで記載していきます。

1
2