top of page
検索
  • 執筆者の写真石川幸佑

蘇るサバ缶と経堂という街の話


VAMOS!


缶詰食べますか?

ツナ缶、いわし缶、トマト缶、フルーツ缶もありますね。


先日、超絶に美味しいサバ缶を食べた話です。





8月9日はパクチーの日

この日は8月9日ということで、パクチーの日だったわけです。


パクチーの日に経堂の さばのゆ さんではパクチーコラボ料理が提供される!!



パクチーカレー、蒸し鶏のピリ辛パクチーソースなど。

どれも美味しかった!!




そして、パクチーの人といえば、飲み友達であり、空前のパクチーブームを起こし、日本のパクチー市場をここまでにしたパクチーハウスの佐谷恭さんが乾杯するとのこと。



超絶のサバ缶

さばのゆでも、いろいろな人と話をしてとても楽しい時間を過ごせました!



そんな中で、さばのゆのオーナー須田さんが


そっと「このサバ缶食べてみてください」」

とのことで、食べてみると。。。。





「うまいのキタ━━(゚∀゚)━━!!」






ということで、衝撃のおいしさ。

おいおい、こんなに美味い缶詰あるのか!!




オーナーの須田さん。最近、さばのゆ大学をはじめたとのこと。詳細は最後のURLにて。





ということで、そして、この缶詰にまつわるストーリーを紹介した本『蘇るサバ缶』がすぐ横にある。

追加のビールを頼みつつ、飲食店で本をその場で買い、須田さんのサインもゲット。








あのサバ缶を食べたい。


数日経ちまして「あー あのサバ缶食べたいなー」

と本を読みながら考えていると、


そういえば、以前、石巻に出張したときにサバ缶買ったよな。。。。

ちょっといい金額だったけど、あったよな。。。。







ゴソゴソと棚を見てみると、、、

あ。サバ缶。あった。 でも、これは静岡のサバだな。


これでひとまずサバにはありつける。





ん?





もう一個あるな。。。。










「例のサバ缶キタ━━(゚∀゚)━━!!」



ということで、木の屋さんのサバ缶が家にあった。


棚からぼたもちならぬ、棚からサバ缶。



それでは、これからメスティンを使って、サバ味噌の炊き込みご飯をつくります!




さばのゆさんの後に、経堂の街に繰り出し、本にもあった人情を感じる街だと感じました。




参考情報:

さばのゆ

https://sabanoyu.oyucafe.net/


『蘇るサバ缶――震災と希望と人情商店街』

https://diamond.jp/articles/-/165206


さばのゆ大学、創立します。

https://note.com/sabanoyu38/n/nf6f592ca2b22






著者紹介:石川幸佑(イシカワ コウスケ)


IoTのスタートアップCACH(カック)のCOO(最高執行責任者)で、工事現場や社会インフラ(橋、トンネル)の維持管理に関する課題解決のためにデジタルトランスフォーメーションを推進中。



経歴はIT企業、SDGs関連のコンサルティング企業、米国のリサイクルスタートアップを経験後、NEDO事業の起業家候補(スタートアップイノベーター:SUI)支援や、東京都の創業支援施設のコミュニティマネージャーとして、多くの起業家やスタートアップの支援を実施。




トレラン後の風呂とサウナが好き。  

最新記事

すべて表示
記事: Blog2_Post
bottom of page